ブログ

ブログ

インターハイ予選山梨県大会決勝

6月9日から始まったインターハイ予選山梨県大会の男女の優勝校が決定しました。

高校の全国大会はチーム単位で出場出来るのは夏のインターハイと冬のウィンターカップのみ。

進学校では夏に引退し受験に備える選手が多いので、この大会が最も熱量のある大会とも言えます。

(高校バスケ界では国体までを制覇して「三冠」とも言われます。)

 

女子の決勝は終盤しか見れなかったのですが、決勝の結果は下記のようになりました。

県立韮崎 77-51 富士学苑

(24-18,21-16,17-8,15-9)

県立韮崎が2年ぶり15回目の優勝!!

 

続いて男子の決勝が行われました。

決勝戦のカードは県立市川vs県立甲府西、公立高校同士の対決。

両チームともBASKETCOUNTが作成したユニフォーム、チームウェアを着用してくれています。

 

大歓声の中トスアップ。

過去に何度も対戦し、お互いに「ライバル意識」を持っているチーム同士の対戦だけに序盤から「気持ちのぶつかり合い」とも思える展開。

両者コンタクトを恐れずにルーズボールに積極的に飛び込み合い、市川のスターティングメンバーの一人が試合早々に目の上を切り交代を強いられてしまう。

それでもロースコアな展開ながらそれぞれが隙を突いた攻撃を掛け合いクロスゲームが続く。

市川はハーフコートゾーンで応戦するも甲府西はフォワードを起点に細かなパスを繋ぎ着実に点を重ねる。

クロスゲームの展開から甲府西に流れが傾き、第二ピリオド中盤では一時7点リードを奪う場面も。

ここで流れを引き寄せたのは積極的なオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスを得る機会が増えたことと、難しいタフショットではなく粘りのあるパス回しでズレを生み出していたことであった。

しかし市川も終盤に3連続スリーポイントを成功させるなどのビッグプレーがあり、27-25の市川リードで前半終了。

 

後半に入り流れは再び甲府西に。

リバウンドをしっかりと自分たちのものにし、アウトナンバーの攻撃も冷静に沈めリードを奪う。

第三ピリオドのスコアは14-9で甲府西。

39-36、甲府西リードで最終ピリオドへ。

 

第四ピリオドに入っても流れは変わらず、甲府西が好プレーを連発して応援団も大盛り上がり。

徐々に引き離し、残り4分台にはゲーム最高の11点差とする。

このまま甲府西かと会場内の多くの人も思っただろう。

しかし、残り4分台のタイムアウトから市川は一気に変わった。

前線からのハードなディフェンスや全員で何回も跳ぶリバウンドでボールをものにし、果敢にアタックを続けた。

誰しも甲府西だと思った空気を一気にひっくり返した。

なんと残り1分58秒に逆転に成功したのだ。

ここからは、この両チームが「ライバルである」という証明。

意地のぶつかり合いという言葉が相応しいゲームであった。

序盤のクロスゲームが復活し、両者落とさないシュート・なくなっていく試合時間が会場を歓声とため息に包み込む。

みんなが「試合が終わってほしくない」と思うような内容であった。

ランニングプレーや長距離シュートがお互いに決まり、第一〜第三ピリオドが嘘のような点の取り合いになった。

残り9.4秒で同点。

市川ボール。

残り4秒で放ったスリーポイントシュートは….

リングのど真ん中を見事に射抜いた。

応援団の様子を見れば天国と地獄が分かるだろう。

この試合のために全てを捧げてきた選手達、それを苦労してサポートする家族、自分達が優勝出来なかった悔しさを後輩達に託すOB達。

それぞれの感情が渦巻き、この空間・熱量を作り上げる。

このまま試合は終了し、62-59で県立市川が5年ぶり4回目の優勝。

県立市川 62-59 県立甲府西

(14-14,13-11,9-14,26-20)

男女の全結果はこちら

 

この素晴らしい試合をしてくれた両チームに心から感謝と敬意を。

そしてこのような空間を作り上げてくださった運営関係者の方々に感謝します。

準備から終わりまで、本当にお疲れ様でした。

 

最後に感じたことを。

まだまだ駐車場が空いています、まだまだ、まだまだ席が空いています。

多くのミニバスの子供達や中学生が観戦にいくべきです。

高校バスケの県大会決勝がもっと盛り上がっていき、もっと多くの選手達が本気で目指す場所であるために。

小さい頃からそのステージをリアルにイメージできれば、進路や人生設計も変わってくるはずです。

選択肢を多く持つことにも繋がります。

観戦も無料ですし、予約も不要です。

誰でも気軽に観戦することが出来ます。

このエネルギー溢れる空間に行かないのは勿体無いです。

 

ぜひ多くの方に足を運んでいただきたいと願っております。

開催情報等はBASKETCOUNTまでお問い合わせください。

情報のある範囲でお伝えします。

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーー■

バスケのユニフォーム作成ならBASKETCOUNTにお任せください。

「チームウェア作成のプロ集団」が丁寧に対応します。

◆公式ページ◆

https://basketcount.jp

◆オンラインストア◆

https://www.toasystem.co.jp/EC/html/

◆ホリデー割開催中◆

毎週土日・祝日は店内でのお買い物が全品10%OFF!
ホリデーは仲間や家族と是非ご来店ください。

■ーーーーーーーーーーーーーーーーー■