BASKETCOUNT BLOG

BASKETCOUNT BLOG

大神雄子×BASKETCOUNT バスケットボールクリニックを開催しました。

2018年11月25日に山梨県・忍野村にて大神雄子さんとバスケットボールクリニックを開催しました。

この企画は2020年東京オリンピック&パラリンピックで事前合宿地となる富士北麓地域の記念事業として、富士吉田市や西桂町、忍野村など7市町村から構成される「2020 東京オリンピック・パラリンピックキャンプ地等富士北麓誘致連絡会議」からの要請を受け実現しました。

同体育館ではバスケットボール・フランス代表チームの事前合宿が行われます。


講師には女子バスケットボール界のレジェンド・元バスケットボール日本代表の大神雄子さんを招き、対象エリアの中学生を対象に約三時間のクリニックを開催しました。

今回のクリニックにはWJBL・山梨クィーンビーズの現役選手も五名が応援に駆け付け、地元山梨県のバスケットボール活動に貢献しました。

▼お揃いのパーカーで会場入り▼

今回のクリニックでは「挑戦」をテーマに掲げ、体の使い方・ハンドリング・ドリブル・パス・シュートといった一通りの動作を大神さんから分かりやすく学びました。

スタートは参加者全員でハドルを↓

自分自身を知ること、チームメイトを思いやること、苦手なことに挑戦すること、技を自分のものにすること。

大神さんの持つファンダメンタルは普段目にすることが出来ない「本物のファンダメンタル」でした。

ハンドリング、ドリブル、それぞれの強さ・速さ・正確さは参加した中学生の目から見ても驚きの声が上がりました。

時間が経つにつれ参加者も大神さんの魅力に引き込まれ、貪欲になっていきました。

真剣でありながら笑顔であり、飽きることはありません。

今回参加した選手達には継続して「自分のもの」にしてもらいたいと願っています。

素晴らしい内容の様々なクリニックが各地で開催されていますが、本当に大切なことは継続して自分のものにすることなんです。

色々なクリニックに参加するチャンスがあるのであれば、自分に合った技を見つけて取り入れることが本当に意味のある行動です。

知ってから習慣的に自分の練習に取り入れ、継続し、無意識にこなせるようになることこそが重要なのです。

 

最後も一緒に取り組んだ仲間達とハドルを。

実はこのクリニックでは大神さんがベスト5を選出していました。

特に貪欲に取り組んでくれて選手達には、前日に用意したサイン入りランドリーバッグをプレゼント。

全参加チームにもサイン色紙を用意しました。

最後はみんなで記念撮影をしました。

終わってからも大神さんと山梨クィーンビーズの選手達は大人気でサインや写メの嵐でした。笑

 

クリニックやイベント開催をお考えの際はお気軽にご相談ください。

可能な限り協力させて頂きます。